ファンタジーと一人旅と読書

ファンタジー小説やゲーム、漫画を中心とした備忘録。一人旅や日常の記録も。

風雲のヤガ (グイン・サーガ141巻) 読書感想

グイン・サーガ続編プロジェクトの今回はヤガ・パロ組のターン。

 スーパージジイ魔導対戦始まるよ!!

風雲のヤガ (グイン・サーガ141巻)

風雲のヤガ (グイン・サーガ141巻)

 

 

あらすじ

 〈新しきミロク〉が密かに勢力拡大をたくらむヤガで、かつて魔道師であった〈ミロクの使徒〉たちのたくらみによって神殿の最下層に追い込まれたブランだが、ソラ・ウィンとヤモイ・シンという二人のミロクの老僧に出会い、その恐るべき法力に接して反撃の糸口をつかむ。さらに思いがけず人間でないものの助力を得ることができたことで、拉致されたフロリーとヨナを救うべくブランの想像を絶する戦いが、ついに始まった!

感想

 まだまだ続くミロク編は、最初はヴァラキアの船乗り騎士ブランのメタルギアソリッドばりの潜入任務かと思ったらまさかまさかの仲間になるのが全部魔法使いか僧侶という思ったより剣と魔法のファンタジー世界へ。本編でこんなに魔導が飛び交う事って珍しいよなぁと思いながら読んでいますけどただ忘れているだけかも。いや最近ずっと魔導が日常にあふれ出していたねパロ編で。

 

 パロ編はひと段落。もうモブの人命が軽すぎて戦慄・・・する事もなく、思ったより慣れてました 。パロ(ほぼ)全滅から読み方も変わってきたいる気がします。主役もモブもこれからは整理されていくんだ・・・!と。整理はされてるけど主要キャスト増えちゃってますけど。

身体の欠損描写も久しぶりというか珍しいような。モブの命は一瞬で尽きるけども主要キャラクターは五体満足多かったもんね。病弱とか頭とか身体の中身に問題ある人は多いけど。なんか読んでて新鮮な気持ちでした。魔導で治せるって書いててそりゃそうかとなったけど。たぶん見えない所でパロの富裕層は修復されてたんですね。というかナリス姫が足切られてたっけ?もう覚えてない。

 

 今回思ったのはヤガにいるブランとパロ編のブロンって名前似てますよね。たぶん今まで誤認してた所が結構あるかもしれない。というかそういうのも意識せずに機械的に読んでいる気がしている。今まで見たことないテレビドラマの5話とかを、キャラクターの関係性わからずふんわり見るような。なんとなく話がわかる。で満足している感じ。いかんいかんと思いつつも、ここまでグダったシリーズだからしょうがないよねとも思う。あの伏線があーだこーだと楽しめる段階ははるか昔に過ぎ去ってしまっている。

 

 気づけば141巻だけどこれってやっぱり200巻で終わりなんですかね。もっと早く終わるんですかね。前に100巻になったときにやっぱ200で完結だわって読んだ気がするけどそれは元作者の展開の遅さであぁなったわけで、今の二人のバッタバッタ殺していく展開だともっと早いのかな。どうなんでしょ。これで200超えたらビックリするよ。