ファンタジーと一人旅と読書

ファンタジー小説やゲーム、漫画を中心とした備忘録。一人旅や日常の記録も。

風の万里 黎明の空〈上〉 十二国記

 故郷も立場も違う3人の少女を通じて、世界の厳しさとそれぞれの成長を描く十二国記第四章。その上巻。

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

 

 おそらく十二国記シリーズの中で1,2を争う人気巻。これまでの巻が「導入」や「外伝」的な要素がある中で、やはりこの巻が根幹な感じがする為ですかね。決定的に僕が十二国記を好きになったのもこの巻を読み終えた時からだと思います。

 

主人公は今回は3人。1巻である月の影 影の海で異世界に渡り、大変な冒険の後に慶国の女王になった陽子、陽子と同じく日本から異世界に渡り、下仙として仙人に仕えてきた鈴、そして芳国公女として蝶よ花よと育てられてきたが、父母を殺され地位を奪われた祥瓊。

立場も違う3人が、それぞれ悩みをもってそれを乗り越えていくストーリーとなっているわけですが、陽子はともかく他二人はまぁ凄く自分勝手。自分はなんてかわいそうだ、世界で一番自分が不幸だと嘆くものの、「責任」というものを理解していない子供のまま。それぞれがそれぞれ関わっていく人たちとの交流によって過去の自分を恥じ入り、変わっていく途中ではあるけども、まだこれは上巻。まだ本質にはたどり着いていないし3人は出会ってもいない。下巻でどう出会っていくか(何度も読んでいるけど)楽しみです。

 

そして今回の名言はやっぱり名言メーカーの楽俊のセリフ。

安い宿に高い服で入ることを恥じ、公主だったが自国の事、他国の公主の事を何も知らない祥瓊に対して

「知ってなきゃいけなかったんだ。公主の祥瓊より、おいらのほうが芳に詳しい。それって襤褸を着るよりも恥ずかしいことだって、分かってるか?」

清秀と鈴のやり取りも素晴らしいですけど、やはり楽俊のこれ。社会的地位には責任が伴うことを教えてくれています。ノブリス・オブリージュかな。これはちゃんと自分の心にも刻んでおくとします。

 

しかし女王陽子。男と間違われるし話し言葉が完全に男のそれで、陽子は完全に男前キャラに。他の主要男キャラが軽いのばかりなので際立っているのも面白い。

 

参考

十二国記 - Wikipedia

十二国記 | NHKアニメワールド

追いかけておけば幸せになるかもしれないリンク

小野不由美「十二国記」/新潮社公式 (@12koku_shincho) | Twitter

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト|新潮社