ファンタジーと一人旅と読書

ファンタジー小説やゲーム、漫画を中心とした備忘録。一人旅や日常の記録も。

【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー 花の聖母教会

2014年6月、イタリアの北部、フィレンツェに一人旅をした時の記録です。

やはり南部と北部は治安も含めて雰囲気から何もかもが違う。都会です。花の都。おしゃれ。

 

前回はこちら

 

目次

旅程

・1日目

 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母教会)←この記事はここ

 サンタ・クローチェ教会、シニョリーア広場、アカデミア美術館

・2日目

 ウフィツィ美術館、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

・3日目

 サン・マルコ美術館

 ピサの斜塔

・4日目

 メディチ家礼拝堂

 

フィレンツェ - Wikipedia

フィレンツェ 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー

 

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母教会)

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 - Wikipedia

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 (ドゥオーモ) 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー

f:id:FantasyPort:20170317191844j:plain

 

クーポラ(ドーム)とジョットの鐘楼、どちらにも登れるわけですが、体力の問題もあって鐘楼に上ることに。それでも414段の階段をひたすら昇る。おかげで頂上からの長めは満足感と共に最高です。

f:id:FantasyPort:20170317191845j:plain

 

こっちの方が写真映えはします(たぶん)

f:id:FantasyPort:20170317191846j:plain

 

フィレンツェが一望できる

f:id:FantasyPort:20170317191847j:plain

 

あと待たないで登れるというのも魅力f:id:FantasyPort:20170317191848j:plain

 

写真やらテレビやらポスターやらで見たことある景色。

f:id:FantasyPort:20170317191849j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191850j:plain

 

どう見回しても赤い屋根。意識している町はいいなぁと実感

f:id:FantasyPort:20170317191851j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191852j:plain

 

見渡しながら、この道から来たなぁとかホテルあそこら辺かなぁとか結構遊べました。

f:id:FantasyPort:20170317191853j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191854j:plain

 

パノラマ映えする町。

f:id:FantasyPort:20170317191855j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191856j:plain

 

 そして大聖堂へ

f:id:FantasyPort:20170317191857j:plain

 

内部

f:id:FantasyPort:20170317191858j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191859j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191900j:plain

 

クーポラ内部の最後の審判

f:id:FantasyPort:20170317191901j:plainf:id:FantasyPort:20170317191902j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191903j:plain

 

地下もあります。

f:id:FantasyPort:20170317191904j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191905j:plain

 

 

洗礼堂

f:id:FantasyPort:20170317191906j:plain

 

居並ぶ彫像f:id:FantasyPort:20170317191907j:plain

 

真下から見た景色。息飲む凄さ

f:id:FantasyPort:20170317191908j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191909j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191910j:plain

 

鐘楼とドゥオーモ

f:id:FantasyPort:20170317191911j:plain

 

長くなったので午後に回った分と分割。

町並みといいイタリアのルネッサンス感。今まで古代ローマの世界にいたのにルネッサンスまでタイムワープしてきた感が凄い。

町も好みで凄く良いんだけども、泊まったホテルが凄いよくて。写真とか撮ってないのは何故だと当時の自分に問い詰めたい(4泊ぐらいしたのに)。今まで安宿ばかりだったのにここに来て贅沢しだした。ドミトリーも面白いけどね。

 

残念ながら今サイトを見たらそのホテルたぶん潰れてた。色々サービスしてもらって最高だったのになぁ。

カサ トセリ ホテル (イタリア フィレンツェ) - Booking.com

 

町の中心部まで歩いて10分ぐらいだったので、ホテルに帰る時や観光に出る時、いつも道を変えながらウキウキで散策していたのを覚えています。

 

この日の後半へ続く。

 

A12 地球の歩き方 フィレンツェとトスカーナ 2015?2016

A12 地球の歩き方 フィレンツェとトスカーナ 2015?2016

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/04/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る